妊娠とダイエットを両立させる方法

今の時代の美の基本は、どういうわけだかテレビに出てくる女優さんやモデルさんです。
多くの女性が、そういう女性を見て、そういう体型を目指します。これが妊娠しづらい原因の1つになっています。

 

妊娠しやすい体重は、よく病院などに貼ってある「日本人の標準体重」です。
身長150センチの女性であれば、何キロが標準ですとあります。
モデルさんや女優さんの多くは、その体重の7〜8割くらいしかありません。
非常に妊娠しづらくなります。

 

女優さんやモデルさんのなかには、自然妊娠している人もいますが、計画的に不妊治療を受けないと妊娠しなかった女性もいます。

 

見られてなんぼの商売なので、カラダを犠牲にしているのですが、一般の人が真似をしてもはじまらないでしょう。そう思いませんか?

 

妊娠とダイエットを両立させる方法

食事は1日3回で、量を2割カット

標準体重に達していない女性は、まずは太って欲しいのですが、むやみに食べて太っても意味がないので、まずは、1日3食はかならず食べることを目標とします。

 

で、食べすぎがイヤだと言うのであれば、量を2割カットします。お茶碗に2割少なくご飯をよそうのです。お魚も2割は、パートナーに食べさせるといいのです。

 

1日3食は食べましょう。

 

目標を持つ

ダイエットは1カ月に1キロ以上痩せると危険です。すごく妊娠しづらいカラダになります。
1カ月に1キロ以上痩せないように、体重管理をすることが大切です。

 

食事日記をつけよう

ダイエットと妊娠しやすい体質という、相反することをするわけですから、頭がごちゃごちゃになると思います。
食事日記をつけて、なにを食べたのか(なにを食べていないのか)を管理しましょう。
デジカメでメニューを押さえるといいと思います。

 

1か月分をパートナーと一緒に眺めて、不足している栄養素を食べるようにしましょう。

 

骨盤ダイエット

骨盤ダイエットをやってみることをおすすめします。
骨盤ダイエットは食事制限をともなわないわりに、すっと2キロ近く痩せたりします。

 

不健康に痩せるわけではなく、体内にあった必要のない水分がなくなってくれたり、インナーマッスルが強化されて、内臓や骨、筋肉の位置が是正されて痩せるといったかんじです。

 

また、骨盤の位置を整えてあげることで、ホルモン分泌がかなりいい調子になります。

 

妊娠しやすい体質をつくりつつ、ダイエットもしたいのであれば、骨盤ダイエットはすごくおすすめです。
おなじ意味合いで、ヨガとかピラティスもおすすめです。